読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いましかない、やるっきゃない

好きを極めてわたしらしく*V6と私を応援する

君に会うまであきらめない 岡田准一主演映画「海賊とよばれた男」完成披露試写会にいくために♡

はじまった、天下分けめの大決戦。

(ちょっと「関ヶ原」引きずってるわ。エキストラーーーー!)

 

2015年11月5日。 

記念すべき20周年コンサートが終わって4日後、映画「海賊とよばれた男」の製作が解禁された。

 

主演:岡田准一

 f:id:cocojasmine:20161008211538j:plain

 

 

 

あれから339日目。

ついに映画完成披露試写会に向けて、励む日々がスタート!

 

岡田准一くんファンになり17年目。

 

彼のファンとしては、積もる話だらけの映画のお仕事。

 

思うことはたくさんあるけど、とにかく彼の映画にかける想い・努力を重ねる行動を応援し、もはや自分のことのようにプロモーションに励んできた。

 

製作発表から撮影エキストラ参加、TVや雑誌取材等プロモーションをすべて捕獲、完成披露に初日、大ヒット御礼の3大舞台挨拶、DVD&ブルーレイ発売でメイキングを確認し、ううう~(涙)がんばったね岡田くん~~!!よくやったね~~私!!と感動するまで2年に及ぶ壮大なプロジェクト。

 

 

f:id:cocojasmine:20161008211303j:plain

2015年の岡田くん映画プロモーション祭り〜「図書館戦争 THE LAST MISSION」〜のとき⭐︎ (日本アカデミー賞授賞式や2016年映画「エヴェレスト〜神々の山嶺〜」「海賊とよばれた男」の制作レポも入っていると思う。)

 

 

 

f:id:cocojasmine:20161008211357j:plain

もはや仕入れレベルですよ。

美容室で働いてます、って顔して通ってるから、三省堂@有楽町。

この量の取材を受ける彼もすごい。そして重みに耐える我が家の床もえらい。

 

 

出るからには全力を尽くして演じてほしい!

 

作るからには映画を大ヒットさせたい!!

 

応援しているからには、どんな瞬間も体感したい!!!

 

 

そんな映画プロモーション期間での3大イベントといえば、

 

1、完成披露試写会

2、初日舞台挨拶

3、大ヒット御礼舞台挨拶

 

毎回この3大イベントに参加するために、必死に挑んできた。

 

 

 

川上から川下まで。

ゆりかごから墓場まで

 

全力で応援し、心に残る作品にして有終の美を飾るためにも、この3つの現場は、なんとしてもその場所で、自分の眼で見届けたい。

 

 

岡田くん映画22作目。

 

海賊とよばれた男

 

今回エキストラはがむしゃらにドアを叩き続け、参加することができた!!!

(またこれがストーリー上ほぼ男性キャストな中、奇跡!!!!!)

 

出演シーンの1つは、なんと特報と予告にも入り爪跡を残すこともできた

!!!(スクリーンデビュー!!!!!!!!!山崎監督、ありがとうございます!解禁日の朝ZIPで見た瞬間絶叫、泣きました。感動で!!)

 

そしてついに、この挑戦に挑むとき。

 

完成披露試写会

 

本当に本当に倍率が高い。

これまで楽にふんわり、「今日はこれから岡田くん♡久しぶりに会いにいってきま~~~す♡♡」とかできたことない。

毎回必死。

ということで、ここで一度

私が17年間、傷だらけになりながら築き上げた目標達成法を書きとめておく。

 

 

 

1、必ず行くと決める!!!!!!

 

まずこれ。

本当にこれに尽きる。

 

行くと決めれば、行ける。

本気でその場所にいる姿をイメージする。

 

もう行く以外はあり得ないので、そのために一生懸命死に物狂いで動くようになる。

 

・スケジュール帳に書く

→これで予定は確定。

 

・休みは奪取。

→周囲への事前プレゼンがここで効いてくる。なにがあろうと休む。

 

・現場は当てる

→自分に対する遠慮や情けは無用。

ここまでやったんだから!と後悔しないレベルまでやりきって当てにいく。

 

・健康管理

→最大限幸せを感じるための健全な精神は、健康管理にかかってる。

 

どんなに倍率が高くても、ナニガナンデモいくと決めることで、動きだす。

 

 

 

 

2、とにかく応募しまくる!!!!!!!!!!!!!

 

残念ながら、なんの裏技も無い。

ひたすら応募!実戦ではこれしかない!!

 

応募に次ぐ、応募。

足を止めず本屋に直行。眠気に負けずハガキを制作。(やばい、歌できそう)

書いては送る、応募の嵐!

 

5組10名様だろうが、1組2名様だろうが、絶対に当てると信じて出しまくる。

そこにチケットがある限り!!!

 

 

半年前の「エヴェレスト~神々の山嶺~」は特にしびれる戦いだった。

 

20周年バブル。日本アカデミー賞最優秀主演&助演男優賞 受賞後初作品。

図書館戦争 堂上教官フィーバー。

じわじわと増えていたファンがスパークした直後だったと思う。

覚悟していたが、それはそれは激戦だった。

 

ことごとく落選しまくり、あれ?うちだけ配達ルートから外されてる?郵便局さーーーーん??て問いかけたいくらい、ギリギリの状況だった。

 

そんな中私を救ってくれたのが、映画誌「SODA」の2組4名様枠。

 

あれは2016年2月28日。

最後の望みで消印有効締切日の昼休み、会社近くのポストに出した2枚のハガキ。

(お祈りしながら出したとき、プランタン前を通行中の皆さん戸惑ってた模様)

 

 

 

 

完成披露の3日前に…

 

 

 

 

 f:id:cocojasmine:20161008211158j:plain

 

 

 

 

招待状になって戻ってきたーーーーーーーーーーーーヽ(;▽;)ノ    !!!!!!!!

 

たーーーすかったぁーーーーーーーー!!!!

 

 

 

 

ということで、今回も最後まで諦めずにがんばるしかない!

 

 

もうひとつ、応募の嵐を成立させるにあたって、私がとても大切にしていることがある。

 

 

3.周りを巻き込む!!!!!

これがなかなか、大切で!

 

とにかく、完成披露試写会を当てたい!という私の周りがみえてない切実なトランス状態をみなさんにお伝えする。ありのままを余すことなく披露。

 

決め台詞はこれだ!

 

「岡田くんの映画、完成披露試写会に行きたいんだよね。」

 

へぇ~~と流す相手に、すかさずこのお願いを♡

 

「ねえねえ、この雑誌もし周りで持ってる人がいたら、応募券いただけないかな?」

 

 

家族親戚友人はもちろん、朝会社に出社するとき警備員さんに、仕事を受けるとき後輩先輩取引先に、美容院にいったとき、マッサージにいったとき、とにかく会う人全てに、お願いしまくる。

 

独り言(大きめ)でも、

 

あ~~~~完成披露いきたいよ~~~!!!

 

会話の途中、文脈も関係なくてもとにかく言葉にする。毎回聞かされている人たちは、またこの季節が。と苦笑いだけども。

そうすると、ふとした時に、誰かが助けてくれたりする。

 

毎日打ち合わせ前の「今日は暑いですね〜」っていうジャブ的なよもやま話でも、

V6トークを披露しているのだが。

 

実は私、△△のファンなんです!!

 

という人に、週1くらいで出会う。

 

韓流・バンド・落語・アニメ・競馬・相撲・野球・AKB・LDH界隈・宝塚・ディズニーダンサー・劇団四季D-BOYS界隈・お笑い芸人

 

みんな実は色々応援していて、好きなことの話を聞くのは本当に楽しい。

ここでお互いに協力協定を結んだり、情報交換したりできる。

 

ちなみに普段の決め台詞は、

 

私 V6を本気で応援してるんです。

中学生のころから17年間。

 

これで、どうやらこいつ普通じゃないなと感じてもらい、V6を応援する私の日々を共有して巻き込む。無理やり。

 

すぐに理解されなくても、逃げない負けない離さない*\(^o^)/*

 

だって、みんなの力が必要なんだよ~~!!

 

一人の力でなんとか頑張れるときもあったけど、時は流れてこの情報化社会。

 

COSMIC☆RESCUEで映画初主演。(最強にかっこよかったよね♡尖りまくってるカミセン♡♡♡ 岡田くんの東がタンクトップ担当なのも好きだった♡)

 

木更津キャッツアイで映画単独初主演を果たした岡田くんもいまや、日本アカデミー賞最優秀主演&助演賞俳優に(授賞式は人生一緊張した!!!!)

 

早朝、有楽町の劇場にちゃんと並べば初日舞台挨拶チケットが購入できていた「東京タワー」。ネットで空席クリックして購入できた「天地明察」。

あの頃は持ち前の体力と根性さえあれば、なんとかなっていた。

それが今は、完全抽選!!!!!!!

そんな時代もあ〜ったねと、懐かしささえ覚える最近のハードルの高さ!!

そこに漬け込む、高額転売ビジネスの流入!!!!

 

 

いつからか、一人の力では限界がきた。

 

ならばっ、ならばだ。(急に朝ちゃん)

 

人に頼む。

 

目的は、完成披露試写会に参加すること。

 

照れながら輝く岡田くんとあがいた私の勇姿を見届けること。

 

そのためには、いましかない、やるっきゃない。

 

 

動きを止めず、雨の日も風の日も、応募に次ぐ応募を重ねる。

 

その上で、人に頼る。

ご協力をお願いする。

 

 

いちいち説明が面倒。

必死なやつだと思われたら恥ずかしい。

やばい子だと引かれたらどうしよう。

 

そんなことは言ってられない。

 

どう思われるかより、完成披露にいきたいんじゃ!!

 

こうして、なりふり構わないあの子本気よ!スタイルで、

たくさんの方の優しさに救われてこれまでなんとか滑り込んできた。

 

日本映画ナビは、仕事を頼みに来た後輩にあの決めセリフを投げかけたところ

「あ、僕ありますよ!」と爽やかに1冊。

話を聞いた別部署の先輩と取引先の方から2冊。

 

みなさん、本当に本当にありがとうございます!!

 

みなさんにご協力いただいている、もうこれはみんなの願い←勝手に増員。

 

行くしか道はない。頑張る。

 

 

 

 

最後に、何よりも大切にしているのがこれ。

 

4.絶対にあきらめない

 

なんだよ、結局気持ちの問題かよ!て思うけど、ほんとこれに尽きる。

 

あ~きらめない、振~り向かない、必ずあるそう!!

 

もはやこれまでか!!!というぎりぎりのタイミングで、だ~いどんでんがえし~~☆を起こしたのが岡田ファン人生に刻まれたあの超大作。

 

2013年12月21日(土)in 有楽町 TOHOシネマズ日劇

永遠の0」 初日舞台挨拶

 

後に岡田くんを日本アカデミー賞最優秀主演俳優賞 にし、週間興行ランキングV6越えのV8を記録し、興行収入88億を叩き出した日本映画史に輝く作品。

 

この初日舞台挨拶は本当に取れなくて、ありとあらゆる手を尽くしたものの、ついにチケットが無いまま初日を迎えてしまった。

 

辿り着いた有楽町。

 

どうしてもあきらめきれず、劇場前まで来ていた私。

 

f:id:cocojasmine:20161009165352j:plain

劇場に張り巡らされたポスターの眩しさが辛い。

 

「王様のブランチ」に生出演して、「ぜひ劇場でご覧ください」(キリッ)と充実した表情で宣伝する岡田くんがスマホから流れてくる。

 

手振ってる!かっこいい♡

番組終わる、あーーーもう赤坂から有楽町に来ちゃうよ!

 

おいおい、マジでチケットないよ!!!

うーーーくやしいいい!!!

ちょっと、神様どこいった??!

毎日一生懸命がんばってるってのに!!

 

悶えながら周囲を見渡すと、見事チケットを手にした人たちがはじける笑顔で集まってきていた。

 

いいなぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

まさに羨望の眼差し。 羨ましすぎて禿げそう。

 

いよいよ開場1時間前。

この扉が開いたら、始まってしまう。

 

始まったら、終わる。

 

悔しさがMAXになり、全身がわなわなしだしたその瞬間!

 

!!!!♫!!!♬!!!!!

 

 

スマホが揺れた。

 

!!!??!!!

 

もしや?と野性の勘が冴え渡り、指が震える。

 

メールBOX、ターーーーーップ!!

 

永遠の0 チケットお譲りの件」

 

き、き、きた━━━━━━ヽ(;▽;)ノ    ヽ(;▽;)ノ    ━━━━━━ !!!!!  

 

 

もし余ったらお譲りいただけませんか?とお願いしていた方からのメールだ。

 

 

【チケットお譲りします。】

 

の文字!!!

 

震えすぎて絶叫!!!

 

手が震えてメール消しちゃったのは、後にも先にもこの瞬間だけ。

人間パニックになると何するかわかんない。ゴミ箱機能に救われた( ;  ; )

 

そこからは正直何がどうなったのかよく覚えていないのだが、

 

f:id:cocojasmine:20161009165524j:plain

無印でお礼のお手紙を作成していた記録が残っている。

 

譲ってくださった方(もちろん定価)から、

「首が痛いかもしれませんが、こちらのチケットでお願いします。私は後ろがいいので。」

 

とチケットを渡され、

 

あ、あ、あ、ありがとうございます!!!!

入れるだけで天国ですので、どちらでもよろこんでーー!!!

 

ん?

…首が痛い?

 

あーーはいはい、映画ってスクリーン近いと首やられるよねぇ~

 

…てことは??

 

チケット確認、

 

B列

 

 

びーれつ

 

び、ビーーレツ??????

 

最前列!!!!!!!!!!!!!!

 

A列は記者席だから最前列!!!!!!!!!!!!!!

 

会場に入れず、涙をこらえジタバタあがいても為すすべなく、

それでも会場まで来ちゃった♡とわざわざ現れ、改めて悔しさを噛みしめる謎プレイを実行中の私が!!

 

あの日、宮部久蔵の覚悟と美しさと受け入れられない絶望に。

そしてとんでもない演技で宮部を生きた岡田くんの誇らしい姿に。

首だけじゃなく頭が痛くなるほどの涙(鼻水も出てた)を流した上映後。

 

「それではご登場いただきましょう。キャスト・スタッフのみなさんです!」

 

岡田くん!!!!!!まさに今そこに!!!!!!

会いたかったよーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

 

キラキラ澄んだガラスのような瞳で輝く岡田くんが目の前に笑顔で立っている。

この世の奇跡を集めたような美しすぎる光景は、一生忘れない。

 

f:id:cocojasmine:20161009165438j:plain

 

こうして、諦めなければ奇跡が起きることを身をもって体感した結果、また諦めが悪くしつこいやつになっていくわけです。

 

 

行くことを信じて疑わない。

どんなに倍率が高くても、行くと決めて、動き続ける。

みんなに「助けてくださーーーい!」と素直にお願いする。

 

私のファン活動は、私に巻き込まれてしまったたくさんの人たちの協力によって、何百倍ものパワーで進めることができている。

 

ドタバタわめく私ををしょうがないなぁ~と応援してくれる人たちのためにも、なにより"大好き"で熱中できることを見つけられた自分のために、誇りをもってV6を応援していきたい。

 

V6のみなさんにも、もう私ひとりの問題じゃないことを踏まえて、かっこよく輝き続けてほしい。 ←外堀から埋めるタイプ

  

勝手に好きになったんだろ!とは言わせないんだから。

 

ね、健くん!!!!(岡田くんじゃないんだ。ここは闇が深いので、後日)

 

「ファンの人の熱い想いだったり、生きがいになってるであろう存在を壊したくない なくしたくないって気持ちが強いですね。

一度好きにさせたんだから、そこに対する責任も感じちゃう…。」

by 美の師匠であり魔術師でもるスーパーアイドル 三宅健さん

 

泣ける( ;  ; )

 

一度好きにさせちゃった責任って、イケメンすぎやしないか!!

 

もーーう、なんて幸せなファン人生!

またスーパーアイドル健くんに救われたぜ。

 

 

さあ、いよいよ後に引けないので、

い、行きます!東京国際フォーラムA!!

バリバリBUDDY!で6人が踊ったあのフロアを颯爽と歩き、長い階段を駆け上がり、座席につく自分をイメージ。

 

 

うん、行ける!

 

頼む、行かせて!!

 

 

がんばれ、わたし!!!

あてろーーーーーヽ(;▽;)ノ  

 

 

f:id:cocojasmine:20161008211507j:plain 

 

 

自分を追い込み、叱咤激励したところで、本日の師匠からのお言葉♡

 

 

やるからには、全力でやれ!

引かれるくらいやれ!

それでやっと普通だ。

 

滝沢歌舞伎で共演したジャニーズJr. なんとかくま君こと、佐久間くんへ、 健くんからのメッセージ。

 

ひゃーーーーーーーーー!!!!

 

いつだって優雅にみえるけんくんも、引かれるくらい全力で輝いてるんだ!!

 

やってやろうぜ、baby !♡

 

 

そうこうしてるうちに、ヨーグルト大使とよばれた男キャンペーン第67回 NHK紅白歌合戦がキターーーーーーーーーーーーー!!!!

 

腱鞘炎覚悟で楽しみます♡